ルテインとゼアキサンチンはどう違うのか?

ゼアキサンチンとルテインは目の黄斑部という組織に影響して、視力に係りする大いに大事なパフォーマンスを持っています。

この中でも、俗に摂取している材料の中には、およそ四十から五十種類のカロテノイドを含んでいるといされています。

目や、視力についてのたくさんな働きは、ゼアキサンチンとルテインが深く関わっています。

それにより、すでにカロテノイドには、目に良い影響を与えるという前提が成り立っているという事になります。

カロテノイドは、どの種類でも抗ガン作用や、抗酸化作用などといった影響があり、体にたくさんな良い影響を与えてくれる事が、すでに判明しています。

ルテインとは、カロテノイドの一種になります。

このような統計学的に研究の結果、特に目に影響を与えるカロテノイドである事が分かってきたのが、ゼアキサンチンとルテインになります。

トマトが赤いのはリコペンというカロテノイドが内蔵されているからで、ホウレンソウなどの葉物の野菜にも、ルテインやカロテンなどといったカロテノイドがふんだんに含んでいますが、これらが緑色なのは葉緑素の働きによるものです。

その研究の中で、血液の中にリコピンというカロテノイドのふんだんに内蔵されている方は前立腺ガンを発症する確率が低いといった事が分かっています。

ゼアキサンチンとルテインは黄斑部が酸化して経年劣化するのを防いでくれる影響があります。

またルテインがもっている色彩は、マリー金やトウモロコシを彩る黄色になります。

カロテノイドは、体の中でビタミンAに移り変わりする事が判明しています。

ビタミンAという栄養素は、目にとってとても大事な栄養素となっていて、物体を見るという行為は、その分だけビタミンAを支出する事になります。

ナンバーワン研究が進んでいる米国では、1990年代以降からは、特にFDAとも呼ばれるアメリカ食品医薬品局という組織などが中心になり、研究が精力的に行われるようになっています。

カロテノイドは、赤、黄色、橙などといった、色調が鮮やかである事が特色で、ニンジンが鮮やかな橙色をしているのは、α-カロテンや、β-カロテンというカロテノイドが内蔵されているからです。

研究の流れは、真っ先に人間の血液の中に内蔵されているカロテノイドの成分を分析して、特定したカロテノイドが体に与える影響と病との結びつきをチェックする形で行われました。

カロテノイドは、今現在検証されている種類だけでも六百以上影響します。オススメサイト「http://www.ルテインサプリ効果解説.jp/」